女性の大敵であるシミは皮膚科で解決!最新のレーザー治療とは

メラニン色素を取り除く

カウンセリング

皮膚科でシミ治療に用いられるハイドロキノンやトレチノインは、市販の化粧品よりも有効成分の濃度が高く、強力な効果を期待できます。またレーザー治療はメラニン色素を分解し、かさぶたにして取り除く作用があります。

肌の再生能力を維持する

女性

肌のターンオーバーを妨げるタバコはシミの発生に大きく関わる要素です。その為、根治を目指す治療だけで無く、生活習慣を見直す事が大切になって来ます。また、シミの治療にはやけどなどの一部の事例を除き、クリニック、皮膚科ともに保険は適用されません。

安全で効果的な方法

鏡を見る人

シミを安全に消すためには皮膚科の受診が一つの方法です。原因を特定して治療を行うので効果的です。内服薬と外用薬を使用した治療においてはそれぞれの薬剤を使用することでどのような効果、副作用があるかを知り、用法を守ることがポイントです。

安い費用で高い効果を得る

医者

簡単な方法から試す

体調に影響を与えるような要因ではないものの、シミがあると見た目が悪くなるため気になるものです。シミがあると実年齢よりも上に見られることもあるので、女性の中には一刻も早く除去を望む人も少なくありません。シミは化粧水やクリームを塗布して自力でケアすることもできますが、美容皮膚科で施術を受けることで簡単に改善できます。レーザーを照射して段階的に薄くするという方法が一般的ですが、レーザーを使った治療は怖いという人は、まずは別の方法を試してみましょう。美容皮膚科では、レーザー治療以外にも薬を用いた方法でシミを改善できます。トレイチノンとハイドロキノンが含有された薬であれば、レーザー治療では消すことができないシミをも消すことが可能です。ただし、強い薬なので元々敏感肌の人には向きません。ハイドロキノンを含む化粧品で肌荒れを起こしたことがあるなど、肌に問題がある場合にはあらかじめ医師に伝えておきましょう。薬では改善できない場合には、やはりレーザーを用いた治療を受けることが効果的です。レーザー治療は医療目的ではなく美容目的である面が強いため、医療保険は適用されません。しかし、万が一火傷を負うなどのトラブルが発生すれば医療行為として保険が適用されますので、費用の面では安心だといえます。痛みが心配だという声も少なくありませんが、レーザー治療で発生する痛みは、輪ゴムで肌を弾かれる程度です。人によっては全く痛みを感じないということもあるので、過度に心配する必要はないといえるでしょう。レーザー治療を受ける場合、まずは医師のカウンセリングを受けることになるので、レーザーが怖い、痛みを感じるのは嫌だという人は医師に相談してみましょう。医師が麻酔クリームを使ってくれれば痛みを感じずに施術を受けることができるので、より安心して施術を受けることができます。意図的に火傷の状態を引き起こし、皮膚の再生機能を高めるのがレーザー治療です。治療自体は10分程度で済みますが、シミが濃ければ数回に渡って治療を受ける必要があります。かさぶたが取れて皮膚が正常な状態に戻るまで次の施術を受けることはできないので、治療期間は3ヶ月から半年程度はみておきましょう。かさぶたを無理に剥がすことや、傷口に菌が入って炎症を起こせば皮膚の治療が必要となり次の施術を受けるまでに時間がかかってしまうので、施術後は塗り薬を塗って清潔な状態を保ちましょう。また、美容皮膚科で一度レーザー治療を受けたからといって、同じ箇所に二度とシミができないというわけではありません。肌が紫外線などの強い刺激を受ければ再びシミが発生することになるので、日頃から化粧水やクリームを使ったこまめなスキンケアを心掛けましょう。美容皮膚科で行われているレーザー治療の費用は、シミの大きさと回数によって決まります。直径5ミリ程度の大きさであれば、1回3千円以内、直径1センチ程度であれば1万円以内と比較的安価なので、気になるという人は気軽に美容皮膚科を訪ねましょう。大田母斑や異所性蒙古斑などのシミが発生した要因によっては保険が適用されることもあるので、諦めずにまずは相談して下さい。