女性の大敵であるシミは皮膚科で解決!最新のレーザー治療とは

  1. ホーム
  2. 安全で効果的な方法

安全で効果的な方法

鏡を見る人

薬剤で確実に治す

気になるシミは皮膚科で治療すると効果的であり、安全性も高い方法であると言えます。シミというと美容の観点から消したほうがいいものと考えることが多いですが、実際にはシミが癌などの大きな病気のサインであることもあり、それを的確に判断できるのは医師であるからです。また、シミにもいくつかの種類があり、それぞれの特徴を把握したうえで効果的な治療を行うことが可能です。まず保険適用に関することですが、皮膚科におけるシミ治療においては、美容目的で行うものは全額自己負担となり保険適用外です。一方でやけどなどのトラブルが原因でできた場合には保険適用となることもあります。また、内服薬で治療する場合は保険適用となり、レーザー治療をする場合には保険適用外となるように、治療の方法によって異なることもあります。皮膚科での治療においては内服薬の服用と外用薬の塗布がまず挙げられます。これはシミの種類を特定して、効果的な成分を含む内服薬、あるいは外用薬を使用して治療するものです。このような薬剤を使用した治療はドラッグストアなどで個人で購入することもできます。ただ、医師が種類を特定した上で処方する薬剤であることから高い効果を期待できますし、何より安全性が高いことが特徴です。ただ、含まれる成分が高い濃度で配合されていることから副作用のリスクもあります。それを理解したうえで用法、用量を守ることが大事なこととなります。内服薬についてはビタミンCやビタミンEが処方されます。ビタミンCは身体に必要なビタミンのひとつビタミンCを取り込む薬剤でシミの原因であるメラニンを抑制する効果があります。メラニン色素が多量に生成されてそれが沈着することでシミにあることからも、メラニンの生成を抑制することで沈着を起きにくくすることができます。また、肌の環境を整えるために必要な水分量を保つことにも効果がありますし、コラーゲンの生成にも効果的です。ビタミンCは食事からも摂取できるので安全性が高いことが特徴です。ビタミンEについてもメラニンの生成の抑制に効果があります。ただ、ビタミンEを摂取するとホルモンも活発に働きます。それによりニキビができやすくなるデメリットがあります。外用薬はすでにできているシミに効果を発揮します。ハイドロキノンやレチノイン酸が挙げられます。これは予防的な側面としてはメラニンの生成を抑制する効果があります。そしてすでにできているシミを漂白する効果があり、即効性があることが特徴です。強い効果が期待できることから肌に対する刺激が強いので正しく使用することが大事です。肌が弱い人の場合、かぶれてしまったり赤くなることもあります。そのような場合にはすぐに医師に相談することです。レチノイン酸は角質を剥がして皮膚の再生を促す効果があります。つまり、肌のターンオーバーを促すのでメラニンを押し出す効果が期待できます。コラーゲンを増やす効果もあります。皮膚科で処方される内服薬や外用薬は効果が高い反面副作用もあるので、どの薬剤がどのような効果があるのかをよく知っておくことがポイントです。