費用が少なくても可能!投資用ワンルームマンションの魅力を知る

婦人

利益が減少しない選び方

部屋

たった2つの比較ポイント

不動産投資で最も重要となるのがリスクコントロール。上手にリスクをコントロールするために、サブリースの利用を検討されてはいかがでしょうか。不動産会社がリスクを被ってくれるため、オーナーのリスクを最小限に抑えられます。ただし、不動産会社によって契約内容は大きく異なり、得られる利益が減少する可能性があります。サブリースを検討する場合には、家賃減額請求と修繕工事に着目し比較することが重要です。家賃減額請求とは、経済状況等の変動により保証家賃の増減を不動産会社が請求できる契約条項です。契約途中で保証家賃が減ってしまうのは、利益の減少に繋がります。最初に設定する保証家賃が適正であるか、不動産会社が高い入居率を維持しているかを確認することで、家賃減額請求の不安を感じることはなくなります。修繕工事は、不動産会社で全てを行う場合とオーナーの意見を採用しながら行う場合とがあります。修繕工事費用が膨れ上がらないようにするために、オーナーの意見を必ず聞く不動産会社と契約することをおすすめします。また、どのような修繕工事を行うかで、入居率を高く維持できるかが決まります。入居率低下は家賃減額請求の履行にも繋がるため、最適な修繕計画の立案をする不動産会社を選ぶことも重要です。既に多くのオーナーがサブリースを利用されており、負担が少なく安定性の高い不動産投資を行われています。2つのポイントをしっかりと比較し、サブリースを上手に活用しましょう。また不動産会社は3社ほど契約内容を比べてみて、安定して投資できそうなところを選ぶことが大切です。